フィンジアの副作用が心配?!その原因は成分の名前。でも大丈夫!

フィンジアを使う事で副作用はあるのか?という事が気になっている方、僕も最初は気になりましたが、全く心配無し、副作用は一切ないので安心してくださいね!

なぜ副作用が気になったかと言えば

「キャピキシル」と「ピディオキシジル」という聞きなれない成分と、さらに

ミノキシジル誘導体

という単語が踊っているからですよね。

大前提に、フィンジアは「医薬品」ではありません。

国からクスリではない、医薬部外品・化粧品の扱いを受けている商品なので副作用を発生する成分は一切入っていません。

ではこの副作用がありそうな名前が付いている「キャピキシル」と「ピディオキシジル」について僕自身が納得した答えを書いていきます。

まず「キャピキシル」。

これは

キャピキシルはカナダのLUCAS MEYER COSMETICS社という化粧品開発会社が開発したこれまでにない画期的な育毛成分です。

成長因子であるアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスをプレミックスした原料で、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼの阻害に有効とされています。

えーっと分かりやすく言うと、アセチルテトラペプチド-3(4つのアミノ酸で構成されている物質)とアカツメクサ花エキス(自然由来成分)の合体したもので全く副作用が無い者同士の合体でできているのが「キャピキシル」なんです。

ミノキシジルの3倍の効果があると言われているこのキャピキシル、副作用が全く無い!という点が最大の注目なんです。

「ピディオキシジル」

これもミノキシジル誘導体!とややこしい呼び方をされているのが原因ですが、ミノキシジルと同じような化学式を持つ育毛剤分なんです。

なのでミノキシジル誘導体と言われていますがミノキシジルから副作用を発生させる部分だけを取り除いたものが「ピディオキシジル」なのです。

副作用がないミノキシジルと言えば一番分かりやすいかもしれません。

この様にフィンジアは副作用が発生する成分を利用することなく、作られているんですよ!

実際に6カ月使ってみましたが、頭皮がかゆくなったり、赤みを帯びるような症状は僕には起きませんでした。

フィンジアを6カ月使ってみた!その効果と感想!

ダルくなったり、動悸が激しくなるなどの症状も当然なし。

ミノタブやプロペシアを副作用にビビりながら使う前にフィンジアで育毛した方が心が安らぐよ。

⇒副作用がないフィンジア通販公式ページはこちら

コメントを残す